読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Write and Run

it's a simple way, but the only way.

ImageDataはCanvasImageSourceではない(そしてImageBitmapは未実装)

illustea 開発で問題になったことなど。

複数の ImageData を合成したい場合、愚直に for でコピーとかやると極端に遅いので、ネイティブの関数を使って高速化しようということになります。
ちなみに、CanvasRenderingContext2D#putImageData は領域すべてのビットマップを上書きするため、アルファブレンディングは行われず、望んだ結果にはなりません。
希望の結果が得られるのは CanvasRenderingContext2D#drawImage の挙動です。この関数は第1引数に CanvasImageSource 型のデータをとるのですが、ImageData は CanvasImageSource ではなく、直接描画はできません。そこで、CanvasImageSource である ImageBitmap は ImageBitmapSource をソースとして受けられ、ImageData は ImageBitmapSource であることから、ImageData を ImageBitmap に変換してから drawImage で描画することを考えます。
しかし、ImageBitmap は未だ実装されているブラウザがなく、使えません。

次回はこの問題を解決する方法を考えてみます。