読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Write and Run

it's a simple way, but the only way.

GraphQLのはじめかた

トレンドに乗るためにはトレンドを自分の方に捻じ曲げるのが一番いい、ということで、Twitter で日夜 GraphQL, GraphQL と騒いでいる日々であります。

先日、tng23 で「GraphQLの話」をしてきました。解説記事とか書くみたいなことをノリで口走ったので、これは伏線回収です。

GraphQL は公式のドキュメントが充実しています。とはいえ、全部英語なので日本にはあまりリーチしてないですね。みなさん英語読んで……。

母語でない言語で書かれた文章を自分のペースで読みながら、そこに書かれている新しい概念を獲得するってのは結構な重労働です。そこで、おすすめの学び方はカンファレンスでの GraphQL に関する発表の映像を視聴することです。YouTube の自動字幕はすごくて、 "GraphQL" が "graphical" になったり "graph kill" になったりするくらいで他はめちゃくちゃ精度よく文字起こしされます。スライドもあるので言葉だけのドキュメントよりも概念の理解が楽だと思います。以下のページにたくさん動画へのリンクがあります。

graphql.org

この動画なんかは導入としてとてもいいです(作者が喋ってるので当たり前ですね)。

www.youtube.com

動画は脳にいいんですよ。

GraphQL でリアルタイムなフィードとか扱いたいです、みたいな一歩進んだ人はこれも見ましょう。

www.youtube.com

動画を見て興味が出てきたら手を動かしましょう。

express-graphql とかを使うと GraphiQL (API コンソール)付きのサーバーがサクッとできるので便利です。

github.com

Node.js で GraphQL するなら使うことになるであろう実装が graphql-js です。作者が作ってるリファレンス実装です。

github.com

半年くらい前まで結構実装に粗が目立ってたんですが、最近はコミュニティも活発でこなれてます。低レベルな API と高レベルな API がわかれてて、どちらもちゃんと export されててえらいです。えらい。

あと、flow で書かれてるので type annotation があって読みやすいですね。自分は TypeScript 派ですが。

はじめかたはこんな感じです。とりあえずはじめましょう。