読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Write and Run

it's a simple way, but the only way.

JavaScriptを書け

※今日はエイプリルフールではありませんが以下略

なぜ CoffeeScript がダメか - 冬通りに消え行く制服ガールは✖夢物語にリアルを求めない。 - subtech
なぜ CoffeeScript がダメかって? そりゃ俺が CoffeeScript 使ってたら彼女にフラれちまったからさ。CoffeeScript を書く奴はモテない。それでも CoffeeScript を書くなとは言わねぇよ。でもな、JavaScript を書け。

JavaScript は自分の足を撃ちぬく

JavaScriptはマジファッキンな言語だ。クソなところはいくらでもある。朝書き始めたら夜寝る頃には体中に弾丸の穴が空いているような、そんな言語だ。とにかく暴発する。this がどこを指してんのかわからんだとか、var 書き忘れてるだとか、=が一個足らないだとか。でもそんなことはデベロッパーの責任で、それこそ JSLint なり JSHint でも通しておけばそれなりに発見できる問題だ。え、Node.js を使ってるとネストが深くなりすぎて対応する括弧がわからないだって? ニワカは黙ってろ。お前は EventEmitter という偉大な発明品を知らないのか。

ハッキリ言おう、CoffeeScript を勧めているはきっと JavaScript をよく知らない。でも CoffeeScript を使いこなすためには JavaScript をよく知る必要がある。そこで JavaScript に詳しくなるとあら不思議、CoffeeScript なんて要らなくなるんだ。むしろ JavaScript を書くのが楽しくなる。JavaScript はなかなか言うことを聞かない言語だが、CoffeeScript に頼る前に自分で躾けてみるといい。今まで JavaScript に使われていた自分が情けなくなる。

でも最後に言いたい。JavaScript、お前はクソだ。