読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Write and Run

it's a simple way, but the only way.

"Stream"について考えていたらConduitを知った

Iteratee ってちょっと古かった感じですかそうですか。今更騒ぎ立ててごめんなさい。

Iteratee わけわかんねーな、run ってなんだよとか思っていたら、Conduit を見つけた。push 型から pull 型へ先祖返り、と。なんだか Stream(1) から Stream2 への移行みたいなことがこっちでも起きてるんだな。

さて、Iteratee について疑問だったことといえば、Enumeratee 同士の結合がなかったことだけど、Conduit では Conduit 同士を結合できるっぽい。ちなみに、流れ的にはこんな感じ。

Source -pull-> Conduit -push-> Sink

Conduit が左から引っ張りだして右に突っ込む感じのよう。まだよくわからん(コードも読んでないから)雰囲気だけど。

ちなみに結合則(っていうのかな?)をまとめるとこんな感じ。(相変わらずのオレオレ記法でごめんなさい)

 Source  $= Conduit := Source
Conduit =$  Sink    := Sink
Conduit =$= Conduit := Conduit

BNF を書いているみたいでとても素敵だ。Conduit を Source と結合しても Sink と結合してもいいあたり、とても美しい。やばい。

詳しくは とか Data.Conduit とか読んで俺も今から勉強します。