読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Write and Run

it's a simple way, but the only way.

これはcoins Advent Calendar 25日目の記事です

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今日がクリスマス、というのが一般的な見識かと思いますが、割と一部ではそうではないみたいなこともあって、というか今日はもうすでに年明けてるかもしれなくて、君の枕元にあったクリスマスプレゼント(ちくわ大明神)の代金はこっそりお年玉から天引きされてた、なんてこともありえるわけです。あそこにベンツが止まっていますが、君のお年玉では買えません。まぁ牧瀬紅莉栖に言わせれば未来の可能性は無限らしいので何言っても嘘にはならないと思いますし、せっかくなのでどんどん法螺吹いていこうかと思います。(ここで法螺貝の音が聞こえるはず。聞こえない人は今すぐ病院に行ってください)

さて、なぜクリスマスの日付について言及したかというと、合理的なクリスマスというのは12月の25日ではないからであります。クリスマスにはケーキと七面鳥を食べたり、カップルであればなんかいい感じの場所に出かけたりするのでしょうが、まともに考えて12月25日にクリスマスを祝う人間(あるいは便乗して盛り上がるだけの人間)が一気にそれらの行動をすればそりゃ世界規模の DDoS なわけで、ケーキも七面鳥も高騰するし、ラブホも満室になるわけです。そこで勘のいい人間はクリスマスを12月26日以降に祝うということを思いつくわけです。俺は勘がいいので気づいたんですよ。どうだ参ったか。三回回ってワンと言え。

そもそもですね、サンタクロースだって1日で全世界を廻らなきゃいけなくて大変なんですよ。キリストが生まれてから2000年ほど経つっぽいですが、2000年もの間サンタクロースはキリストの誕生日前夜の1晩で世界を回るために多額の資金を投入して技術開発を行ってきたわけですからね(いや知らんけど)。ほんと頭が上がりません。でもですね、人類は2000年の時間をかけて賢くなったわけですよ。ピークタイムをずらせばサンタクロースの苦労も減るという偉大な発見を、今日、俺が、この記事で、みなさんにお伝えするわけです。それこそ1年かけて世界を回ればね、もうね、365倍楽なわけですから。365倍楽になるというのは0.5単位取ったら卒業要件を満たせちゃうっていうレベルの革命ですよ、この発見がいかに偉大であるかわかりますか。

そういうことなんでサンタクロースは1日遅れてやってきます。今朝起きた時にプレゼントが届いてなかったと慌てた読者の皆さんも実際ご安心です。プレゼントがなかったのは今年良い子にしてなかったのがバレたからだと落ち込む必要はもうないわけです。まぁみなさんがいい子にしてなかったことはどーせサンタクロースにモロバレですので、プレゼントの内容に関しては期待できないかと思いますが。

ともあれ、coins にもクリスマスプレゼントがありますように。